TOUR OF BABEL@名古屋 に行った

どんだけ前の事書くんか?って感じですけど、自分用メモの為に書くぞ。

 

20170625 9mm Parabellum Bullet「TOUR OF BABEL」@日本特殊陶業市民会館

 

▷ライブと全く関係のない事

名古屋駅から会場へのアクセスは結構いい感じ。地下鉄だと、会場と直で接続してるみたい。

金山駅前には、商業施設が建ってるから暇つぶしやご飯に全く困らなくて良い。

 

▷ライブ本編の事

名古屋はツアー3本目だったので、いつものライブと違うぞ!!という風なことはきいておりワクワクしておりました。

1部と2部の構成になっており、1部ではアルバムBABELの曲順で最初から最後までMC無し!ひたすら曲!!な感じでした。

BABELは通しで聴くとさらに深まる感じがするのでこの構成にしたのは本当に良かったと思います。今思えばとても贅沢な時間だった。

名古屋だけの演出と聞いたのが、ホワイトアウトのミラーボール。実はミラーボールが回りだしエッ?と最初少し困惑してしまったんですけど、曲とすごくマッチしてた。

第2部の通常ライブ(?)では、結構、エ!この曲やるのかよ!!!とブチ上がった人も多かったでしょう。私も驚きました。いま滝さんがお休み中なのもあって、ライブの内容とかどうなんだろうなあって思ってたんですけど、9mmの皆さんはファンの事を分かっていらっしゃるし、9mmの事を愛してくれているHEREの武田さんと三橋さんがサポートしてくださったので、そりゃ当たり前に面白いライブにしてくれるよね。

(HEREコンビがとにかく微笑ましかったです)

こんなパワフルなライブしてくれちゃったら、この人らにずっとついてかな!!!と思っちゃうなあ。

 

▷だそく的なこと

・この会場想像より狭い。座席そこまで前じゃなかったけど、すっげー近くで観れた感。

ベルセルク未視聴ですが、みたくなった。

・物販でやってたガチャガチャ、みんな無心で500円玉を入れて回してて面白かった。私も少し回して、滝さんの缶バッジをゲット。

 

 

8/31

夏休み終了の時期ですね。

私自身はもう既に夏休みとは関係のない生活を送っていますけど。。。

私にも学校に行くことが憂鬱で仕方がない時期がございました。勿論、夏休み明けも例外ではなく強い憂鬱が襲ってきておりました。

夏休みまではなんとか学校に通えていても、1ヶ月以上もお休みを与えられて。自由な時間に勉強したり、遊んだりして。本当になんであの窮屈な学校に行かんなんのや!ってなるよな。

生きてるけど地獄じゃねーかよ!ってね。

そこを無理して学校に行くのも、無理せずお休みをとるのも、どっちも良いってわけではないし、悪いわけでもないと私は思う。

そりゃやっぱり世間的には、学校に行けた方が良いんだろうけど、学校に行けなかったからって、全部がマイナスに作用するわけではないなと私の周りの人たちを見ていて思います。

 

学生も社会人もいろいろありますけど、どんな形であれ、強く生きていければいいと思う。

私も強く生きる!!!!!

光源

もうかなり昔の事なのに、スクールカーストの最底辺にいた時のことは未だに引き摺り続けてるし、これからもずっとだと思う。

嫌な記憶だからというだけではなく、その時があるからこそ自分がいま生きてるなって感じることがたくさんあるからです。

 

自分語りしたいのではなく、おすすめのCDの話をしたかったのです。

最近ライブに行ったのでコレを機に書きたかったんですが、

Base Ball Bearの「光源」というアルバムは、とても良いです。

私みたいな学生時代のことを未だに引き摺り続ける人間が聴くと、色んな感情が溢れ出てくると思います。

 

私は、こいちゃんの書く歌詞に心当たりがありすぎて、ウッ!!!って苦しくなったりもしたのですが、同時に、ああ、そうしてきていて良かったんだな、、、と思ったりもしました。

 

光源を中学生の自分に聴かせたら、どんなに心の支えになっただろうと思います。

いま学校生活をどうにかやり過ごそうとしている中高生にぜひ聴いて頂きたい1枚です。

 

そして、ライブですがまだ序盤なので何にも書けないですけど、最高すぎることは間違いなしです。ああ、良かったなあ。